★洗車に関するよくある質問★

PONKOTU★

洗車のHow toって?

『どうやったらキレイに保てますか?』

これ、非常によく聞かれます^^

そう言われたら、

『PONKOTU★MANを使ってください^^』

って、聞きたいのは別の事ですね(笑)

ひとつだけ言えるのは、こまめに『洗車』することがその秘訣です!

細かく言えば、洗車の仕方も色々とありますが、放置より全然いい^^

どんなコーティングをしても、洗車は必要です!逆に洗車不要のコーティングはないです!

なので、『洗車』することが答えです!

まだ納得しない方もいらっしゃり。。。

洗車が必要なのは分かるんだけど、

『洗車を出来ればやりたくないんだよー』

って言われちゃうと(;^_^A

これって、一般の方の間違った常識になりつつありますよね~

極端に言えば、『コーティング=洗車不要』って思ってる方少なくない!(;´・ω・)

そもそも、コーティングは塗膜を保護するもので、副産物として汚れにくいんです。

汚れを付けない為のコーティングって発想や謳い文句って、根底が違うのかなと(;´・ω・)

コーティングしとけば、確かに汚れは落としやすくなります。

ただ、スケールなどが定着しやすい傾向にありますので、洗車仕方に工夫が必要です。

そして、汚れが定着すると未施工のお車と変わらない作業が必要です。

あ、こう書いちゃうとアンチコーティングって思われそうですが、むしろコーティング推奨派です^^

ただ、常に洗車が苦ではない方にオススメしてます!

逆にお手入れをしたくない方には、オススメしません!お金ももったいないので(;^_^A

少しでも洗車をしたくない方の解決策は、PONKOTU★MANになります^^

オススメの洗車用品ある?

これもよく聞かれます^^

そんな時は、聞いてきた方の認識の度合いをチェックする為に、

『カーシャンプーって大きく分けて2種類ありますが、分かります?』

分かります?

結構単純な質問なのですが、答えられない方って結構多いです!

答えは、

『コンパウンド入りかそうじゃないか』です^^

この認識度の差で、オススメするもの変えます(笑)

今ってホント便利になって、ネット色々なものが手に入る時代になりました!

ただ、中には結構危険な薬品もあるんです・・・

シャンプーにコンパウンド入りか否かを知らない、または成分を確認されない方には、塗装にダメージを与えかねないので、そんな方には単純に洗車のコツだけお知らせしてます。

結構詳しい方には、使用上の注意を含めてオススメをお知らせすることもあります。

あと、コーティング剤に関してもよく聞かれます!

これも大きく分けて、2種類あります。

簡易型か硬化型かです。

簡易型の代表的なのは、洗車後に吹き付けて拭き取るだけとかのやつです。

硬化型は、皆さんが思い描く高額なコーティングです。

どんなコーティングでも、最大限に効果を出すには下地が最重要になります!

硬化型は特に、簡単には取れない硬化膜を作るので、下地をいかに仕上げるのかが大切です。

ただ、余程洗車大好きでポリッシャー等の機材もある方以外は、DIYで硬化型はオススメしません(;’∀’)

簡易型に関しては、多種多様なものがありますが、有名メーカーのものであれば処方もマイルドなので、リスクは少なく使えるかと思います^^逆にネットで買えるものは、たまに強いものもあるので必ず目立たないところで試してみてから使用されるのが良いと思います。

あと、最近気になってるのは、鉄粉除去に関してです。

かけて反応させるタイプや昔からある粘土、粘土の機能があるクレイタオル等様々。

かけて反応させるものは、良くて鉄粉の頭がとれるくらいで、しっかり取るときは粘土という選択になります。

しかしながら、すごい細かい事を言うと、どんなに慣れてる人が粘土等を使っても傷が入ってしまいます(;^ω^)

ですので、コーティング屋さんは磨き前提で鉄粉取りをしています。

余程線路脇が駐車場とかでなければ、あまり多用するのは微妙かもしれません。

一般商品とプロ用の違い。

これは結構簡単です。

成分などはさほど両者変わりません。

量の処方の差が一番の違いです!

一般の商品よりプロ用の方が高い効果が望める反面、扱いがシビアです^^

まとめ

・洗車はこまめにするのが一番

・楽する為ではなく、こまめにお手入れ出来る人向けなのが硬化型コーティング

・オススメの洗車用品は、その方の認知度により異なる

・一般商品とプロ用の違いは、処方量の違い

コメント

タイトルとURLをコピーしました